チケットを買う
住所
Lange Voorhout 74
2514 EH Den Haag
T: 070-4277730
E: info@escherinhetpaleis.nl
戻る

常設展

私たちのコレクションには120点以上の版画がありますが、その中に、M.C. エッシャーの有名な版画も収蔵しています。エッシャー(1898~1972)の作品は「宮殿のエッシャー」美術館で常設展示しています。傑作の版画は、女王であり母親でもあったエマ王妃の「旧冬の宮殿」に厳かに展示されています。

自分の身の回りにある素晴らしい世界の魅力を失ったことがない芸術家、マウリッツ・コルネリス・エッシャーをお楽しみください。オランダで最も有名な版画家であるエッシャーは、幻想と驚きが中心に置かれた想像力豊かな世界で、老若男女の人々を魅了しています。

当美術館では、エッシャーの芸術家としての成長に主な焦点を置いています。初期の作品は、人物を詳細に描いた木版画と、比類のない自然と風景の描写で構成されており、その才能を探求できます。後期の作品では、革新的なテセレーション、メタモルフォーゼ、錯視を表現しました。遊び心のある版画が目を楽しませ、長年、世界中の数学者、映画制作者、建築家にとってのインスピレーションの豊富な源となってきました。

M.C. Escher, 版画の画廊 (Print Gallery), リトグラフ, 1956年5月
M.C. Escher, 相対性 (Relativity), 板目木版, 1953年7月

映写室ではエッシャーの人生と作品について学び、並外れたグラフィック作品を作成する方法を知り、写真と年代の説明からエッシャーの歴史を深く掘り下げてみましょう。

目をひく。エッシャーの傑作の数々、それは彼の印象的な全作品から生み出された輝かしい栄光です。この点においては、オランダの田園風景を飛ぶ鳥に変える「昼と夜」(1938年)のような初期の代表作がおすすめです。あるいは、時代を超越した版画相対性(1953)では、複数の現実が共存し、彼が重力に逆らっています。もちろん、傑出しているのは、長さ7メートルの「メタモルフォーシス III」(1967-1968)です。エッシャーの重要なテーマである「永遠と無限」を究極的に解釈した作品です。メタモルフォーシスの巨匠、イリュージョンの王、紙の魔術師と呼ばれるエッシャーをお楽しみください。

エッシャーの世界を体験

2階では、解説付きの展示により、エッシャーの視点を体験します。あなたご自身で目の錯覚を受け、ご自分の手で発見し、エッシャーの知覚の一部になってみましょう。エッシャーのイリュージョンに浸れば、わずか数秒で巨人にでも小人にでもなれます。さらに、オリジナルのテセレーションを作ったり、不思議な形で遊んだりして、エッシャーに近づいていくことができます。

オプションアートの部屋では、信頼性の境界をテストします。作品が動いているように見えますが、実は錯視は、あなた自身の動きによって生まれます。ランゲンフェルダー ・リヒトワンド・フォー・エッシャー・イン・ザ・パレスは注目すべき展示であり、これは ドイツのグループ・ゼロのアーティスト、オットー・ピーネによる作品です。連続して動く光によって発生する光の一部になります。忘れがたい経験。

宮殿を訪れる

母親でもあったエマ女王(1858-1934) は、1901年から亡くなるまで、この旧宮殿で公務にあたりました。また、ここでは公式のゲストや家族とも接見しました。王妃が亡くなると、宮殿はウィルヘルミナ女王、ユリアナ女王、ベアトリクス女王によって使用されました。。宮殿は、2世紀以上前のもので、オランダで最も美しい大通りの1つであるランゲ・フォールハウトに沿った歴史的なハーグ美術館地区に建っています。ここは、王室の宮殿の雰囲気を体験できるハーグで唯一の公共施設です。

さらに、宮殿には、アメリカのミニマル・アーティストであるドナルド・ジャッドの作品である独特の寄木細工の床を備え、ハンス・ファン・ベンテムの壮大なシャンデリアで照らされています。